前立腺がんのPSA監視療法 -治療をしないという選択肢- 杉元 幹史

投稿日:2014年2月20日

(2014年2月20日公開)

前立腺がんの最新情報8
「前立腺がんのPSA監視療法 -治療をしないという選択肢-」
演者:香川大学医学部 泌尿器・副腎・腎移植外科 准教授 杉元 幹史

早期前立腺がんに対するPSA監視療法について解説した。PSA検診によって多くの前立腺がんが発見されるようになってきた。しかし、おとなしい前立腺がんはすぐに治療を開始しなくても多くの場合は命には関わらない。治療開始を延期し、治療による副作用を回避するために、このPSA監視療法はもっと多く選択されるべき治療オプションである。

公益財団法人前立腺研究財団
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-12
河西ビル6F
電話 03-3340-3885
ファックス 03-3340-3886
電子メール zzkz@basil.ocn.ne.jp
URL http://www.jfpr.or.jp/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る