ロボット手術支援システム「ダヴィンチ」による前立腺全摘除術 今本 敬

投稿日:2016年3月11日

(2016年3月7日公開)

内視鏡化手術支援装置「ダヴィンチ」を用いたロボット手術では、従来の腹腔鏡手術の低侵襲性を維持したまま、より精緻な手術が可能となっています。
手技が正確に行えれば、術中のトラブルも少なくなり、またそれだけ回復が早く術後のQOLに与える影響も小さくなり、患者さんにとっての大きなメリットにつながることが期待されます。

前立腺がんの最新情報16
「ロボット手術支援システム「ダヴィンチ」による前立腺全摘除術」

演者:
千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 今本 敬先生

公益財団法人前立腺研究財団
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-12
河西ビル6F
電話 03-3340-3885
ファックス 03-3340-3886
電子メール zzkz@basil.ocn.ne.jp
URL http://www.jfpr.or.jp/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る