前立腺がんのホルモン療法と副作用対策 深貝 隆志

投稿日:2016年11月30日

(2016年11月30日公開)
前立腺がんのホルモン療法は、初回治療、放射線治療前後の補助療法、根治目的の治療(手術、放射線療法)が再発した後の追加治療など数多くの状況で使われています。簡便で非常に強力な治療でありますが、いくつかの副作用とその対策についてわかりやすく説明させていただきます。

前立腺がんの最新情報18
「前立腺がんのホルモン療法と副作用対策」

演者:
昭和大学江東区豊洲病院 泌尿器科 教授 深貝 隆志先生

公益財団法人前立腺研究財団
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-12
河西ビル6F
電話 03-3340-3885
ファックス 03-3340-3886
電子メール zzkz@basil.ocn.ne.jp
URL http://www.jfpr.or.jp/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る