前立腺がん治療における骨の健康の重要性:骨転移・骨粗鬆症マネジメント 鈴木 啓悦

投稿日:2016年5月13日

(2016年5月13日公開)

前立腺がん治療では、もともと骨転移が多い事、ホルモン療法による骨塩量低下(骨粗鬆症)が起きやすい事などから、「骨の健康」への対策が重要である。薬物治療や放射線治療を組み合わせた集学的治療によって、疼痛などの骨関連事象をしっかりとした対策をする事で、予後を延長して、生活の質を保つことが可能である。

前立腺がんの最新情報17
「前立腺がん治療における骨の健康の重要性:骨転移・骨粗鬆症マネジメント」

演者:
東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科 教授 鈴木 啓悦先生

公益財団法人前立腺研究財団
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-12
河西ビル6F
電話 03-3340-3885
ファックス 03-3340-3886
電子メール zzkz@basil.ocn.ne.jp
URL http://www.jfpr.or.jp/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る