◯「がん知識マップ」について

2011年6月、私たちは、がん医療に対する夢(マイ・オンコロジー・ドリーム)を語り合う会で出会いました。そこで、日本のがん医療を変えたい、がんという病を取り巻く環境を変えたいと強く思い、願うようになりました。いま日本人の二人に一人は、生涯を通して、なんらかのがんになるといわれています。

私たちにとって非常に身近な存在となりつつあるがんについて、子どもの時から基本的な知識を身につけてもらうにはどうすればよいのか…、何度も何度もアイデアを出し合い、議論を重ねた結果、“すごろく”という形態にたどり着きました。子どもたちの記憶に残すためには、みんなが夢中になる要素が必要ではないかと考えたからです。

子供が積極的に関心をもってがんについて学べるツールというのは日本ではまだ数少なくお役に立てるのではという思いでしたが、ベータ版を公開した際には“すごろく”という呼び名等が遊びの延長という印象を強めたこともあり、一部の患者様からお叱りや不安の声をいただきました。そして、私たちは改めてこのツールの内容や、使用していただきたい対象について議論を重ねました。その結果、「がんすごろく」というネーミングや内容を改訂し、この「がん知識マップ」という形に作り変えました。新たに完成した「がん知識マップ」は、がん教育を行う上でのツールの一つと考えております。

私たちは、多くの方々にこの「がん知識マップ」を実践していただき、さらによいものとなるよう努力を惜しみません。今後も全国の皆様のご意見を頂戴しながら、地道な取り組みを進めていきたいと考えております。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

がん知識マップ製作委員会

◯「がん知識マップ」アンケート

今回、発表するにあたり、行政が取り組むがん教育の現場やがんに対するイベントなどで、実際にがん知識マップを使ってもらい、およそ90人にアンケートをとらせていただきました。ほぼ全員の方から、「やってみてよかった」「とても参考になった」との声をいただいております。私たちもアンケート結果を拝見し、やはり多くの人にがんの正しい知識を持ってほしい、子供たちへの教育は必要だと改めて感じた次第です。これからもさまざまな場所で、体験者の声を集め、「がん知識マップ」をより良いものにしてまいります。
(どうぞご協力頂ける方はご連絡いただけると幸いです。)

→アンケート集計結果(小学生以下)
→アンケート集計結果(中学生以上)

がん知識マップサムネイル

~がん知識マップについて~
がん知識マップは、“知識の地図”を巡っていくことで、子供たちが興味をもってがんの基礎知識を得るために工夫された「教育ツール」です。

是非この知識マップを実践したいと思われる方は下記よりお申し込み下さい。
同時にアンケートも同封させていただきますので、ご協力の程よろしくお願い致します。
当面の間、この「がん知識マップ」を更によりよいものにするため、大変申し訳ありませんが、お申し込みは団体様のみでお願い致します。団体様名(どのような活動をされている団体様か)・送付先・電話番号・メールアドレスなどをご記入の上、お申し込み下さい。

お申込みはこちら

ページトップへ戻る

メールを送る
  • 2012年11月22日(火)
    サイトを再開しました。がん知識マップの公式サイトオープン
  •    
  • 2012年3月25日(日)
    サイトを一時閉鎖します
  • 2012年3月15日(木)
    がんすごろくの公式サイトがオープン
川崎あっこ
株式会社かるてぽすと
マイオンコロジードリーム 助成金

※がん知識マップに関する全ての医療情報は、一般論であり、全ての人には適応できないことを明示します。

※本ウェブサイトで取扱う個人情報について、適正な取得、利用および提供を行い、特定した利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。