パープルリボン2012 in 金沢「膵臓がんに光をあてる」

パープルリボンキャラバン2012in金沢「すい臓がんに光をあてる」

開催概要

より多くの方々が最良のがん医療にたどり着くために 、患者・家族・一般の方々だけでなく、
医療者、関連企業、報道関係者等との情報・問題の共有が重要と考えており、本セミナーは、
どのような立場の方にもご参加頂ける公開(オープン)セミナーとしています。

日本では推計2万人以上が毎年「膵臓がん」と診断され、多くは余命約3~6カ月と宣告されます。
近年、医療の進歩により、がん患者の治療成績に改善がみられますが、
主要ながんのなかで最も生存率の向上が望まれているのが「膵臓がん」です。
高リスクグループの同定とモニタリング、早期発見・早期治療、疫学的予防法の周知徹底が重要です。
全国的に早期発見・早期治療、標準治療の重要性の普及啓発を行うために、
「膵臓がん啓発パープルリボン2012」を 企 画 し ま し た 。
是非、多くの患者・家族、マスメディア、そして医療者の方々の参加をお待ちしております

プログラム

13:10-13:30 オープニング 主催者挨拶「パープルリボンとは」
  NPO法人パンキャンジャパン 理事 眞島 喜幸

13:10-13:30 基調講演(1) がん医療の今日と明日
  講師: 金沢大学附属病院 がん高度先進治療センター 教授 矢野 聖二 

13:30-13:50 基調講演(2) 診断の最前線
  講師: 石川県済生会金沢病院 院長 若林 時夫

13:50-14:10 基調講演(3) 外科療法の最前線
  講師: 金沢大学附属病院 肝胆膵・移植外科 教授 太田 哲生

14:10-14:30 基調講演(4) 化学療法の最前線
  講師: 金沢大学附属病院 がん高度先進治療センター 講師 大坪 公士郎

14:30-14:50 休憩

14:50-15:50 パネルディスカッション もっと知りたい、膵臓がんのこと

モデレーター: 支えあう会「α」 世話人 野田 真由美
        NPO法人パンキャンジャパン理事 眞島 喜幸
パネリスト:
  ・研究医の立場から 矢野 聖二
  ・診断医の立場から 若林 時夫
  ・外科医の立場から 太田 哲生
  ・内科医の立場から 大坪 公士郎

15:50-  クロージング 閉会挨拶
  支えあう会「α」 代表 五十嵐 昭子

★ステージ上でサバイバーフォトセッションを行います★

開催地域 石川
日程 4月22日(日)
開催時間

13:00(開場:12:30)

参加費

無料

申込み方法

こちらのURLよりお申込ください

詳細URL http://ow.ly/9lMG6
主催

NPO法人パンキャンジャパン

協賛

日本イーライリリー株式会社

開催協力

支えあう会「 α 」

後援

石川県、金沢市、日本膵臓学会、北國新聞社

場所 金沢市文化ホール大集会室
キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る