臨床研究セミナー6「臨床研究入門」

臨床研究の意義がようやくわが国でも理解されてきましたが、製薬会社が実施する治験を除けば、研究を実施するための基盤はまだまだ貧弱です。研究資金を除く「基盤」とは、研究を支援する組織と人材、そして研究者と支援者に対する教育です。

今回のJMCAセミナーでは、臨床試験に限らず、臨床研究一般に対し広範で基礎的な講演を行います。東大教官による講義は、今年度から開始された東大内部の学生・研修医・若手医師を対象とした「臨床研究者育成プログラム」レクチャーシリーズをほぼ再現するものです。

臨床研究における臨床家の最大の役割は意味のあるリサーチクエスションを提示することですが、方法論の基礎を知らなければ、クエスションから研究のプラニングを行うことはできません。臨床研究支援スタッフにとっても、自らの業務の位置づけの理解と品質向上のためには研究の意義と目的を知ることが必須であり、そのためには方法論の基礎を把握しておく必要があります。医師研究者・支援スタッフ、臨床疫学に関心を持つ学生、製薬会社学術関係の方々にご参加をお勧めいたします。

開催地域 東京
日程 3月8日(火)
開催時間 13:00〜17:45 (開場12:30)
参加費 JMCA正会員 5,000円
JMCA賛助会員 7,000円
一 般 10,000円
学 生 3,000円
申込み方法 HPに記載
詳細URL http://www.jmca-npo.org/seminar/20110308.html" target="_blank">http://www.jmca-npo.org/seminar/20110308.html
主催 日本メディカルライター協会
場所 東京大学 薬学部2階講堂
キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る