乳房再建手術に対する医療側の技術と意識のレベルアップが急務 中村清吾医師

投稿日:2013年7月9日

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会理事
昭和大学医学部 乳腺外科教授
昭和大学病院ブレストセンター長 中村清吾医師
「乳房再建手術に対する医療側の技術と意識のレベルアップが急務」

取材:2013.07.09
掲載場所:エンパワリング ブレストキャンサー(E-BeC) Webサイト
「インプラント」保険適用の承認について http://www.e-bec.com/implant
※E-BeCは、「乳房再建手術までを乳がんの標準治療に!」をめざして活動するNP­O法人です。

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る