「乳房再建手術」の方法はどんどん進歩し多様化しています 大阪大学医学部附属病院 形成外科 冨田興一

投稿日:2015年7月21日

「乳房再建手術」の方法はどんどん進歩し多様化しています
冨田興一(とみたこういち)大阪大学医学部附属病院 形成外科

「さまざまな術式をきちんと説明してくれる医師のもとを訪ねることが大切です」

術式 :
 ・自家組織 (主に広背筋皮弁、穿通枝皮弁)
 ・シリコンインプラント
 ・乳房縮小術に準じた乳房再建(温存再建)

連携病院
  
東豊中渡辺病院(金曜午後)

標準手術時間 :
 ・広背筋皮弁 2.5時間、 穿通枝皮弁 6~8時間
 ・エキスパンダー/インプラント挿入 各1時間
  ※脂肪注入併用の場合1.5時間
 ・乳房縮小に準じた再建 乳房温存手術+1~1.5時間

標準入院日数 :
 ・広背筋皮弁 2週間、 穿通枝皮弁 10日~2週間
 ・エキスパンダー挿入(一次再建)2週間、インプラント入れ替え 1週間
 ・乳房縮小に準じた再建 1週間

乳頭・乳輪形成 :
 実施は再建手術の3カ月後以降が目安
※健側からの移植、局所の皮膚の立ち上げ(皮弁法)など

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る