【日本肺癌学会共催】がんの臨床試験 関 順彦

投稿日:2015年8月8日

2015年8月8日(土)開催「AKIBA Cancer Forum 2015」

【日本肺癌学会共催】「がんの臨床試験」

講師:帝京大学医学部 内科学講座 腫瘍内科 病院教授 関 順彦先生

司会:国立がん研究センター東病院 呼吸器外科 科長 坪井 正博先生

がん治療において、薬物療法は大きな柱の一つです。新薬が開発され、治療に使われるために、臨床試験は欠かせないものです。しかし、実際に主治医から臨床試験を提案されたら、どうしたらいいか悩む人も多いのではないでしょうか。

このセッションでは、臨床試験とはどんなものか、その目的、メリット、デメリット、また臨床試験に参加するにはどうすればいいかなど、多くの疑問に応えます。

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る