真に患者さんのQOLを考えた乳房再建は今後の大きなテーマ 島田 賢一

投稿日:2015年10月1日

島田 賢一(しまだ けんいち) 金沢医科大学 形成外科准教授
「真に患者さんのQOLを考えた乳房再建は今後の大きなテーマ」

取材:2015.10.17
掲載場所:エンパワリング ブレストキャンサー(E-BeC) Webサイト 「再建医の声」欄
http://www.e-bec.com/archives/5783
※E-BeCは「乳房再建手術」の正しい知識の普及と乳がん患者さんのQOL向上をめ­ざして活動するNPO法人です。

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る