がんと在宅医療 佐々木 淳

投稿日:2015年8月8日

2015年8月8日(土)開催「AKIBA Cancer Forum 2015」

「がんと在宅医療」

講師:医療法人社団 悠翔会 佐々木 淳先生

がんで亡くなる方は年々増えています。多くの人が、治癒が望めないなら、最後は自宅で穏やかに過ごしたいと希望していますが、実際にその願いが叶えられる人は15%に満たないのが現状です。変化していく体調への不安、家族の介護負担への配慮、がんに伴う苦痛など、その要因は様々ですが、在宅医療を活用すればこれらの課題を一緒に解決していくことができます。まずは在宅医療について、もっと知っていただければと思います。

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る