骨転移 篠田 裕介

投稿日:2015年8月8日

2015年8月8日(土)開催「AKIBA Cancer Forum 2015」

「骨転移」

講師:東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 篠田 裕介先生

骨転移の治療やケアの際、病的骨折を予防するために「まずは安静」、と考えられがちですが、「どこまで動かして良いか」「安全に動かすためにどんな工夫ができるか」という整形外科的視点でアプローチすることで、患者さんのQOLをより高めることに貢献できます。本講義では、最近話題のがんリハ、他診療科との連携も含めた実例もご紹介します。

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る