【対象:医療従事者】 がん患者になって感じた医療者とのコミュニケーション

投稿日:2016年3月5日

2016年3月5日(土)開催
特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク 主催シンポジウム
「医療者ががんになって思うこと、気づいたこと」

『がん患者になって感じた医療者とのコミュニケーション』 
座長:
近畿大学医学部附属病院 臨床研究センター 准教授
福岡 和也

パネリスト:
関西医科大学附属枚方病院 呼吸器腫瘍内科 教授
倉田 宝保

岩手医科大学産婦人科学講座/肺がん経験者
杉山 徹

看護師/多発性骨髄腫経験者
池田 明香

薬剤師/乳がん経験者
牧野 あずみ

主催
特定非営利活動法人近畿がん診療推進ネットワーク

共催
7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン

協賛
ヤンセンファーマ株式会社

協力
特定非営利活動法人キャンサーネットジャパン

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る