リンパ腫・慢性リンパ性白血病の治療 “組織型によって大きく違う臨床像と治療” 伊豆津 宏二

投稿日:2016年10月19日

2016年8/6~8/7開催「ジャパンキャンサーフォーラム2016」

【血液がん】
リンパ腫・慢性リンパ性白血病の治療“
組織型によって大きく違う臨床像と治療”

リンパ腫にはさまざま病型があり、病型により臨床経過・治療法・治りやすさが異なります。頻度の多い病型を中心に、どのような病気か、標準的な治療が何かを中心にお話をします。リンパ腫や慢性リンパ性白血病に対する新薬も紹介したいと思います。

講演者:
伊豆津 宏二(いづつ こうじ)
虎の門病院 血液内科部長

司会:
新井 辰雄(あらい たつお)
院内患者会世話人連絡協議会(HosPAC)代表

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る