小児急性リンパ性白血病 “診断と治療の過去・現在・未来” 加藤 元博

投稿日:2016年10月24日

8/6~8/7開催「ジャパンキャンサーフォーラム2016」

小児急性リンパ性白血病
“診断と治療の過去・現在・未来”

白血病は、小児がんの中でもっとも多い病気です。以前は白血病=不治の病、というイメージだったかもしれませんが、小児の急性リンパ性白血病の治癒率は大幅に向上しました。どのように治療が進歩したのか、その「サクセスストーリー」をもとに、小児急性リンパ性白血病の診断と治療について解説します。

講演者:
加藤 元博(かとう もとひろ)
国立成育医療研究センター 小児がんセンター 医長

座長:
真部 淳(まなべ あつし)
聖路加国際病院 小児科 医長

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る