進行性精巣腫瘍患者の治療 “~合併症を中心に~” 中村 晃和

投稿日:2016年11月2日

8/6~8/7開催「ジャパンキャンサーフォーラム2016」

進行性精巣腫瘍患者の治療“~合併症を中心に~”

精巣腫瘍は若年者に多いことが特徴です。初期症状が少なく進行がとても早いですが、転移があっても80%以上で治癒が望めます。早期発見・早期治療が重要で、きちんと治療することが大切です。また、長期生存が望める固形癌の代表があるがゆえに、長期合併症に対する対策も重要です。そのための正しい知識を提供します。

講演者:
中村 晃和(なかむら てるかず)
大阪府済生会吹田病院泌尿器科科長

司会:
改發 厚(かいはつ あつし)
精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)代表/
キャンサーネットジャパン大阪事務局 CNJ認定・がん情報ナビゲーター

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る