胆道がん外科治療の新たな展開とその進歩 “根治性が最も高い外科切除をいかに多くの患者さんに行いえるか?” 宮崎 勝

投稿日:2016年11月9日

8/6~8/7開催「ジャパンキャンサーフォーラム2016」

胆道がん外科治療の新たな展開とその進歩
“根治性が最も高い外科切除をいかに多くの患者さんに行いえるか?”

多くの胆道がん患者さん、早期のみならず進行した胆道がんの患者さんにおいても、根治性のある外科切除が最も効果が高く、患者さんが長期間の生存を得られる治療である。様々な工夫により多くの症例が外科切除に適応できるようになり、また長期の外科切除成績も向上してきている。今回はその胆道癌に対しての最も新たな治療戦略について説明したい。

講演者:
宮崎 勝(みやざき まさる)
国際医療福祉大学三田病院 病院長

司会:
福島 安紀(ふくしま あき)
医療ライター

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る