家族目線からのエンディング“家族は如何にして看取るべきか” 高丸 慶

投稿日:2016年12月28日

8/6~8/7開催「ジャパンキャンサーフォーラム2016」

看取りにおいてご本人が豊かな最期を過ごすことが大切であると同時に患者家族が故人の死を乗り越え、普段通りの生活に復帰することも重要です。「ご遺族の心のケア」から逆算したサービス設計を行っている弊社の経験談を交えながら、ご家族がご本人に対してどのように接し、サポートを行い、最期を過ごすのかについてお話させて頂きます。

【株式会社ホスピタリティ・ワン /一般社団法人訪問看護支援協会共催】
家族目線からのエンディング“家族は如何にして看取るべきか”

講演者:
高丸 慶(たかまる けい)
株式会社ホスピタリティ・ワン 代表取締役

司会:松崎 匡(まつざき ただし)
肝細胞がんサバイバー

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る