市民公開講座 キャンサーサバイバーに学ぶ

がんは今や慢性疾患とも言われる時代になりましたが、それでもがんと診断されたら心の中は不安で膨れ上がるのが現実ではないでしょうか。
近年のがん医療の向上は目覚ましく、また情報の伝達も飛躍的に早くなっています。しかし、医療の進歩の裏側で患者と医療者のコミュニケーションにはギャップが生じてはいないでしょうか?昨今の様々な調査でも、患者の悩みは「医療者との人間関係」が上位にあがっています。
今回、東大がんプロフェッショナル養成基盤推進プランが「キャンサーサバイバーに学ぶ」をテーマに、がん治療を経験した患者本人と家族の経験を公表して、医療者とのコミュニケーションを共に考える市民講座を開催致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

司会 古賀真美(がんサバイバーの家族)
13:00~13:05 開会挨拶
13:05~13:40 多和田奈津子(がんサバイバー)
13:40~14:15 高橋美佐子(がんサバイバーの家族)
14:15~14:50 岩瀬哲(医師)
14:50~15:00 休憩
15:00~16:00 パネルディスカッション

開催地域 東京
日程 2月18日(土)
開催時間

13:00 - 16:00

参加費

無料

申込み方法

不要

詳細URL http://ganpro.umin.jp/ganprokibansuisin/todaiganseminer.html
主催

東京大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

開催協力

キャンサーネットジャパン

場所 東京大学医学部教育研究棟14階(鉄門記念講堂)

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る