地域に根差したチームオンコロジーセミナー2017 ~“顔が見える”チームで行う全人的地域連携~

【セミナーの到達目標】 患者に関わる全ての人々によるチームで、患者中心のがん診療を行うために必要な知識とスキルを多職種で共有し、連携実践の基礎をつくる
がん診療にかかわる医師、薬剤師、看護師、MSW、臨床心理士などとがんサバイバーがチームとなって行う地域連携について、参加型セミナーを通じて、全員が理解を深め、実践できるようになるための知識とスキルを身につけることを目指します。

プログラム

4月22日: 13:00~21:15
セッション1 Educational Solution Seminar
1-1 課題定義とパネルディスカッション
「化学療法を継続しながら、地域での暮らしを支えるための症状マネジメントと意思決定支援」
国立がん研究センター中央病院乳腺腫瘍内科 清水 千佳子

「チーム医療を推進するためのリーダーシップ、シェアードビジョン」
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター腫瘍内科教授 上野 直人

「治療の継続と生活を支えるために出来ること~これからの地域連携」
群馬県内で地域医療を行う立場から

1-2 講演と課題検討
テーマ(案): 「チームで行うがん治療マネジメント~地域連携の活用と全人的ケア」
1) 副作用、 2) 高齢者  ※情報交換会を予定しております

4月23日: 9:00~15:30
セッション2 Group Work and Discussion
1. 講演:「自己理解・他者理解を深め、よりよいチーム医療を実践する」
神戸大学医学部附属病院 豊田 昌徳

2. グループによる課題検討 3. グループ発表  4. 総合ディスカッション 5. クロージング リマークス

開催地域 群馬
日程 4月22日(土)〜 4月23日(日)
開催時間

4月22日: 13:00~21:15
4月23日: 9:00~15:30

参加費

お一人6,000円(但し、交通・宿泊費用は参加者のご負担となります。ご了承ください。)

対象者 がん医療に携わる医師、薬剤師、看護師、MSW、臨床心理士などの医療従事者 45名前後 ※施設単位(医師、看護師、薬剤師、MSWのチーム)でのお申し込みも可能です。
その他・追記・注意事項

申し込み受付: 2017年2月13日(月)~3月6日(月)

申込み方法

お申し込みにあたりましては、下記の内容を記載のうえ、メールにて下記事務局に送付ください。
(1)氏名、(2)職種/施設名/所在地/所属部署、(3)emailアドレス、(4)緊急連絡先
申 込 受 付: 一般社団法人事務 secretariat@oncology-education.or.jp

詳細URL http://www.teamoncology.com/oncology_seminar/2017_04_seminar/
主催

一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクト

共催

一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクト、エーザイ株式会社、小野薬品工業株式会社、協和発酵キリン株式会社、シスメックス株式会社、 第一三共株式会社、中外製薬株式会社、東レ株式会社、ノバルティス ファーマ株式会社

後援

群馬県医師会、群馬県看護協会、群馬県訪問看護ステーション連絡協議会、群馬県薬剤師会、群馬県病院薬剤師会

場所 ベイシア文化ホール

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る