光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅

投稿日:2017年4月14日

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。

近赤外光線免疫療法では、がん細胞と結合する抗体‐光吸収体結合体が用いられます。近赤外線が照射されると、結合体が結びついたがん細胞は膨張、破裂し、死に至ります。この光免疫療法は、手術ができない腫瘍がある患者で臨床試験が実施されています。
詳細については以下のURLをご参照ください。
http://www.cancer.gov/photoimmunotherapy

元動画掲載日2016/05/17
日本語版公開日2017/02/20
翻訳白石里香
字幕指導寺田真由美 
監修田中謙太郎(九州大学病院 呼吸器科)
原語動画URL https://www.youtube.com/watch?v=3yuVw90AEhs

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る