子宮頸がん~異形成から浸潤がんまで その診断・治療~ 仲村 勝

投稿日:2017年9月20日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

子宮頸がんは、子宮がんのうちの約7 割を占めるとされています。子宮頸がんの発症ピークは30 歳代後半とされ20 歳から30 歳といった若年者に増加傾向をみとめています。がんの前段階である異形成から,浸潤がんまで様々な段階があり、セミナーでは、これらの診断から治療についてお話したいと思います。

子宮頸がん
異形成から浸潤がんまで その診断・治療

講演者:仲村 勝
(なかむら まさる)
慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 助教
    
司会:小島 あゆみ
(こじま あゆみ)
ライター&エディター

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る