血液がん:分子標的薬のヒミツ 木村 晋也

投稿日:2017年9月20日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

白血病細胞やリンパ腫細胞が増えるために重要な遺伝子やたんぱく質をピンポイントで攻撃する分子標的薬が次々と利用できるようになってきました。分子標的薬は高い効果を示し、一般的に副作用が少ないのが特徴です。本講演では、分子標的薬のヒミツについてお話ししたいと思います。

分子標的薬のヒミツ

講演者:木村 晋也
   (きむら しんや)
佐賀大学医学部附属病院 血液・呼吸器・腫瘍内科 教授

司会:新井 辰雄
  (あらい たつお)
院内患者会世話人連絡協議会
(HosPAC)代表

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る