血液がん:新しい薬はどうやってできるの? 木村 晋也

投稿日:2017年9月20日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

続々と画期的な新薬が開発されてきていますが、新薬開発には多くの基礎的な研究に加え、患者さんを対象とした臨床試験が必ず必要となります。臨床試験というと、「人体実験?」との誤解も受けていることがあります。本講演では、臨床試験の必要性や受け方についてお話ししたいと思います。

新しい薬はどうやってできるの?

講演者:木村 晋也
(きむら しんや)
佐賀大学医学部附属病院 血液・呼吸器・腫瘍内科 教授

司会:新井 辰雄
(あらい たつお)
院内患者会世話人連絡協議会
(HosPAC)代表

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る