腎がん 腎がんの最新治療 近藤 恒徳

投稿日:2017年9月28日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

腎がんの治療では、近年新しい術式、薬剤がでてきました。手術では小さい腫瘍に対しては腎臓を残す腎部分切除が主流となり、手術支援ロボットDa Vinciを用いたロボット手術が広まり始めています。また、薬物治療では昨年より免疫チェックポイント阻害剤(ニボルマブ)が使えるようになりました。こうした話題を中心にお話しいたします。

腎がん
腎がんの最新治療

講演者:近藤 恒徳
(こんどう つねのり)
東京女子医科大学 東医療センター泌尿器科 教授

司会:小島 あゆみ
(こじま あゆみ)
東京医療保健大学
ライター&エディター

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る