小児がん・AYAがんの長期フォローアップ 前田 美穂

投稿日:2017年9月28日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

【日本小児血液・がん学会共催】
小児がん・AYAがんの長期フォローアップ
晩期合併症を早く見つけ、対処するために

小児がんは現在80%以上が治癒すると言われています。しかし治療による影響などで、小児がんが治った後しばらくしてから様々な晩期合併症がみられことがあります。それらの発症を最小限にするために定期的なフォローアップをすることがすすめられています。今回は、小児がんと、AYA(※)の中でも思春期のがんの晩期合併症とその対策についてお話したいと思います。
(※)AYA=Adolescent and Young Adult:思春期と若年成人

講演者:前田 美穂(まえだ みほ)
日本医科大学 小児科 教授

開会挨拶&司会:檜山 英三(ひやま えいそう)
一般社団法人日本小児血液・がん学会 理事長

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る