口腔ケア がん治療中の口腔ケアで副作用・合併症を予防する

投稿日:2017年10月11日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

実は、がん治療中は口の中に変化が起こっています。それが、口のトラブル(痛み、渇き、腫れなど)につながり、多くの患者さんを悩ませています。口のトラブルを予防するために、患者さん自身が毎日口の中のセルフケアを行い、定期的に歯科医による口のチェックをうけることが大切です。

口腔ケア
がん治療中の口腔ケアで副作用・合併症を予防する

講演者:百合草 健圭志
   (ゆりくさ たかし)
静岡県立静岡がんセンター 歯科口腔外科 部長

司会:渡辺 千鶴
  (わたなべ ちづる)
医療ライター

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る