子宮体がん 安心して治療を受けるために子宮体がんを知ろう! 本橋 卓

投稿日:2017年10月12日

8/19~8/20開催「ジャパンキャンサーフォーラム2017」

【共催:NPO 法人 婦人科悪性腫瘍研究機構】
子宮体がん治療としては他がん種と同様、手術加療・化学治療・放射線治療がメインとなります。2014 年に腹腔鏡での治療が保険収載され、現在適応拡大の方向に向かっています。化学治療においては日本発信で今年のASCO(アメリカ臨床腫瘍学会)に術後治療での報告がなされました。今回はそれぞれの治療に関して
最新情報も交えて分かりやすく説明します。

子宮体がん
安心して治療を受けるために子宮体がんを知ろう!

講演者:本橋 卓
   (もとはし たかし)
市立四日市病院 産婦人科医長

司会:小島 あゆみ
  (こじま あゆみ)
ライター&エディター

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る