漢方で副作用を上手にコントロール 上園 保仁

投稿日:2017年11月27日

漢方
漢方で副作用を上手にコントロール

がん患者さんの多くが興味を持っている漢方薬。最近の研究により、がん患者さんを悩ませるがん治療の副作用等をいくつかの漢方薬が和らげることが科学的に証明されてきました。これまでの研究より、漢方薬の科学的な有効性に基づいた、がん患者さんの体調管理に役立つ漢方薬のお話をします。

講演者:上園 保仁
国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/2017/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る