大腸がんの手術療法~開腹手術からロボット手術まで~ 絹笠 祐介

投稿日:2018年3月26日

2018年3月3日(土)開催
ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2018in東京~

「大腸がんの手術療法~開腹手術からロボット手術まで~」
絹笠 祐介先生
(東京医科歯科大学医学部附属病院 大腸・肛門外科 科長)

大腸がんは、適切に手術がなされれば、比較的予後の良いがんです。従来の開腹手術に 変わって腹腔鏡手術が増加していますが、進行がんに対して根治性を落とさずに腹腔鏡手術を行うには高度な技術を要します。腹腔鏡手術の欠点を補うことが出来る最新の治療が ロボット支援手術です。国内でロボット直腸がん手術最多の実績を持つ医師が、ロボット手術について解説します。

共催
認定NPO法人キャンサーネットジャパン
東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍化学療法外科/大腸・肛門外科/腫瘍センター/東京医科歯科大学大学院 応用腫瘍学講座/未来がん医療プロフェッショナル養成プラン

後援
東京医科歯科大学医師会/東京都/東京都医師会/日本癌治療学会/日本臨床腫瘍学会/大腸癌研究会/公益社団法人日本オストミー協会/NPO法人ブレイブサークル運営委員会/認定NPO法人西日本がん研究機構

【ブルーリボンキャンペーン】
http://www.cancernet.jp/brc/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る