Q&A Interactive Session「患者・家族が必要な支援と 医療者とのコミュニケーション」

投稿日:2018年5月15日

2018年3月3日(土)開催 【医療者向けシンポジウム】
特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク 主催シンポジウム
「がん患者・家族(遺族)になって気づいた医療者とのコミュニケーション」

Q&A Interactive Session
テーマ「患者・家族が必要な支援と医療者とのコミュニケーション」
座長:
福岡和也 (近畿大学医学部附属病院 臨床研究センター 教授)
パネリスト:
川上 澄江 (ライター 翻訳家/ がん患者遺族)
行田 泰明 (医療法人社団淳友会 わたクリニック診療部長)
加藤 那津 (若年がんサバイバー&ケアギバー集いの場 くまの間代表 30代 乳がん)
長谷川 一男 (肺がん患者会ワンステップ代表 40代 肺がん)

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る