胃がん 罹患率の高い胃癌の外科治療について

投稿日:2018年10月19日

2018/8/11-12開催「Japan Cancer Forum2018」
胃がん
罹患率の高い胃癌の外科治療について

胃がんの治療は、病気の進行度に応じて、内視鏡切除、手術、化学療法と多岐にわたっています。その中で中心となる手術治療について、最新の情報を交えてお話し致します。

演者:森田 信司
国立がん研究センター中央病院 胃外科・医長
司会:小島 あゆみ
ライター&エディター

ジャパンキャンサーフォーラム 2018
https://www.japancancerforum.jp/

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン

チャンネル登録お願いします→ https://goo.gl/GEVk4j

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る