「大腸がんの薬物療法」中山 俊

投稿日:2018年11月26日

2018年7月21日(土)開催
ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2018in福井~福井県済生会病院 集学的がん診療センター 市民公開講座

「大腸がんの薬物療法」
中山 俊先生
(福井県済生会病院 腫瘍内科部長)
(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)

がん治療において薬剤治療(従来の抗がん剤、分子標的剤、免疫療法剤)は、この十数年で飛躍的な進歩を遂げており、手術非適応の方の主となる治療方法となっています。また、手術適応の方でも、治療経過中にがん薬剤治療が多くの方で行われています。大腸がんも同様であり、しかも大腸がんは薬剤治療の効果が一般的に期待できるがん種です。現在の大腸がん薬剤治療について、適応、効果、ならびに副作用の各点から話をさせて頂きたいと思います。

共催
福井県済生会病院、認定NPO法人キャンサーネットジャパン、福井新聞、福井テレビ

後援
福井県、福井県医師会、福井県看護協会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、NPO法人ブレイブサークル運営委員会、認定NPO法人西日本がん研究機構、大腸癌研究会、日本オストミー協会

【ブルーリボンキャンペーン】
http://www.cancernet.jp/brc/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る