がん・生殖医療 ~小児、思春期・若年(AYA)世代がん患者さんに対する生殖機能(妊孕性)温存の診療の現状~

投稿日:2018年12月7日

2018/8/11-12開催「Japan Cancer Forum2018」
がん・生殖医療
小児、思春期・若年(AYA)世代がん患者さんに対する生殖機能(妊孕性)温存の診療の現状
共催:NPO法人婦人科悪性腫瘍研究機構

2012年以降、本邦においても、小児、思春期・若年(AYA)世代がん患者さんの対する生殖機能(妊孕性)温存に関する取り組み(がん・生殖医療)が進みつつあります。2017年には、日本癌治療学会が本領域に関するガイドラインを発表しました。講演では、進みつつあるがん・生殖医療の現状と課題に関して説明させて頂きます。

演者:鈴木 直
聖マリアンナ医科大学 産婦人科学・教授(講座代表)
司会:小島 あゆみ
ライター&エディター

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp/

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
チャンネル登録お願いします→ https://goo.gl/GEVk4j

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る