【Japan Cancer Forum2018】がん免疫療法の進歩 がん治療における免疫療法の意義と実際

投稿日:2018年12月20日

2018/8/11-12開催「Japan Cancer Forum2018」
がん免疫療法の進歩 がん治療における免疫療法の意義と実際
共催:日本がん免疫学会

がん免疫療法として、免疫チェックポイント阻害薬が複数のがんに対して実用化されました。しかし全てのがんを治療できるわけではなく、治療しても皆に効くわけではありません。特有な副作用もあります。なぜそうなのか、治療の実際はどうなのか? 皆様と一緒に考えてみたいと思います。

講師:
河上 裕
慶應義塾大学 先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授
北野 滋久
国立がん研究センター中央病院 先端医療科

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp/

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
チャンネル登録お願いします→ https://goo.gl/GEVk4j

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る