【ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2019in倉敷】「大腸がんの薬物療法について」谷岡 洋亮  

投稿日:2019年4月3日

2019年2月2日(土)開催
ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2019 in倉敷~川崎医科大学附属病院 市民公開講座~

「大腸がんの薬物療法について」
谷岡 洋亮先生
川崎医科大学附属病院 臨床腫瘍科 医長
(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)

近年、大腸がん化学療法は新規薬剤の登場によって治療の選択肢が増え、高い治療効果が期待できるようになっただけではなく、患者さんの状態やニーズに合わせた治療選択が可能となりました。加えて、留置カテーテル留置の使用など薬剤投与の工夫、吐き気止めなどの支持療法の進歩によって多くの治療は外来で行えるようになり、生活の質の向上にもつながっています。大腸がん薬物療法の現状と今後期待される展望をお話したいと思います。

共催
川崎医科大学附属病院 がんセンター・認定NPO法人キャンサーネットジャパン

後援
岡山県・倉敷市・岡山県医師会・倉敷市連合医師会・岡山県看護協会・岡山県薬剤師会・岡山県社会福祉協議会・日本癌治療学会・日本臨床腫瘍学会・大腸癌研究会・日本オストミー協会・NPO法人ブレイブサークル運営委員会・認定NPO法人西日本がん研究機構

【ブルーリボンキャンペーン】
http://www.cancernet.jp/brc/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る