【Japan Cancer Forum2019】がんと栄養〜がんによる栄養奪取:そのメカニズムと意義、対策〜

投稿日:2019年11月13日

2019/8/17-18開催「Japan Cancer Forum2019」
がんと栄養
がんによる栄養奪取:そのメカニズムと意義、対策


がんは、遺伝子の異常によって発症し、無秩序な細胞増殖を特徴とします。がんは、生きていくために、宿主から栄養を奪取しています。この講演では、(1)がんがどのように栄養を奪取しているのか、(2)がんによってもたらされる栄養障害の臨床的意義、(3)その対策、について解説します。


講師:
吉川 貴己
国立がん研究センター中央病院  胃外科科長
平成元年横浜市大医学部卒。平成5年スウェーデン国ヨーテボリ大学外科代謝研究室。平成7年横浜市大大学院卒業。平成13年同附属病院第一外科助手。平成24年より神奈川県立がんセンター消化器外科部長。平成30年より国立がん研究センター中央病院胃外科・科長。横浜市立大学医学部臨床教授/客員教授、東京医科大学消化器小児外科学分野兼任教授を兼務。JCOGプロトコール審査委員会副委員長・胃がんグループ事務局。

司会者:
小西 敏郎
東京医療保健大学 副学長・医療栄養学科長
1972年東京大学医学部卒業。66歳まで胃癌や食道癌・大腸癌などの消化器癌の手術治療を主にする外科医でした。趣味は内緒(ナイスショットと呼びます)。自身が59歳で胃がんの内視鏡治療を、63歳で前立腺がんの手術を受けた。いずれも非常に早期で発見でき完治したのも毎年定期的に検診を受けていたおかげ。いまも毎年検診をうけている。

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp/

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
チャンネル登録お願いします→ https://goo.gl/GEVk4j

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る