がんサバイバーの 声を聴こう! 『男性も乳がんになる ~希少がんの啓発と患者会の在り方~』   野口 晃一郎

投稿日:2020年1月20日

2018/8/11-12開催「Japan Cancer Forum2018」
がんサバイバーの 声を聴こう!
~さまざまながん種の体験談を通して、がんと偏見、がんと就労、など、一緒に考えていきたいです。~

がんサバイバーが考える「がんと共生する社会」を、言葉にして多くの人に伝えたい。
「サバイバー自身が発信する力」を応援する、
CNJの養成講座〔OCT/BEC〕の修了生によるスピーチをお聞きください。
がん患者さん・ご家族、また医療従事者、製薬企業、行政団体にお勤めの皆様など、たくさんの方にご覧いただきたいプログラムです。
立場を超えて、がんになっても暮らしやすい社会を実現するのために、私たちに何ができるか、一緒に考えませんか?
※OCT OVER CANCER TOGETHER がんサバイバースピーキングセミナー
※BEC BEC乳がん体験者コーディネーター養成講座

『男性も乳がんになる ~希少がんの啓発と患者会の在り方~』   野口 晃一郎
男性乳がん 野口 晃一郎 ( のぐち こういちろう )
編集記者(フリーライター)、フリーアナウンサー、広報アドバイザー。新聞の乳がん特集の取材を通じて、自身の乳がんを疑い、乳腺外科を訪ねた。2017年1月に乳がんと診断され、同年2月に左乳房全摘出とリンパ郭清手術(ステージ2a)。3カ月の休養の後、仕事に復帰。現在はホルモン治療を続ける。同年4月と今年4月、アメリカで行われたMale Breast Cancer Coalition(男性乳がん患者の会)に出席。メディアやSNSなどで男性乳がんの啓発を呼び掛ける。

 

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp/

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
チャンネル登録お願いします→ https://goo.gl/GEVk4j

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る