脳脊髄希少がんネットワーク・クリニック/米国国立がん研究所(NCI)

投稿日:2020年7月20日

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。

希少な脳脊髄腫瘍の患者が米国国立衛生研究所(NIH)のNCI-CONNECT(脳脊髄希少がんネットワーク)のクリニックを訪問するとどんな特別なサービスが受けられるか、神経腫瘍科医Marta Penas-Prado氏が説明します。このサービスの中には遺伝カウンセリングおよびサポートと教育に関する集会が含まれています。詳細については以下のURLを参照ください。
https://www.cancer.gov/rare-brain-spine-tumor/refer-participate/referrals/clinic

(訳注:NCI-CONNECTが対象としている12種の脳脊髄腫瘍が動画内でリストアップされています。以下の12種です: 非定型奇形腫様ラブドイド腫瘍(ATRT(atypical teratoid/rhabdoid tumor))、脈絡叢腫瘍(Choroid Plexus Tumors)、びまん性正中グリオーマ(Diffuse Midline Gliomas)、上衣腫(Ependymoma)、大脳膠腫症(Gliomatosis Cerebri)、膠肉腫(Gliosarcoma)、髄芽腫(Medulloblastoma)、悪性髄膜腫(Meningioma (High Grade))、乏突起膠腫(Oligodendroglioma)松果体部腫瘍(Pineal Region Tumors)、多形黄色星細胞腫/退形成性多形黄色星細胞腫(PXA/APXA(anaplastic pleomorphic xanthoastrocytoma))、原始神経外胚葉腫瘍(PNET(primitive neuroectodermal tumor))

出演者(出演順):
Marta Penas-Prado医師(米国国立がん研究所、がん研究センター、神経腫瘍部門、准研究医)

翻訳:有田香名美 字幕指導:寺田真由美
監修:西川 亮(脳腫瘍/埼玉医科大学国際医療センター)

原語動画URL:https://youtu.be/FMY751N2FtA
(2020/02/12制作)
日本語版公開:2020/07/16

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る