乳房再建ー乳房インプラント挿入前に考慮すべきこと【FDA】

投稿日:2021年4月7日

米国食品医薬品局(FDA)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。

乳房インプラントを使用した乳房再建や豊胸を考えていますか? 中身が生理食塩水かシリコンか、あるいは表面がスムーズタイプかテクスチャードタイプかなど、どんなタイプの乳房インプラントを検討しているかに関係なく、知っておいてもらいたい7つのことがあります。
詳しくは、下記リンク先をご参照ください。

FDAのページ(英語)
https://www.fda.gov/medical-devices/breast-implants/things-consider-getting-breast-implants

上記リンク先を日本語に翻訳した記事(海外がん医療情報リファレンス)
https://www.cancerit.jp/66965.html​

【訳注】この動画に出てくるsilicone(有機ケイ素化合物)は、従来「シリコーン」と表記して、silicon(ケイ素、シリコン)と区別されてきました。しかし「シリコン」と表記されるケースが増えており、その実態に合わせて視聴者に違和感を与えないように動画字幕は「シリコン」と表記しました。

翻訳:佐復純子 字幕指導:寺田真由美
監修:小坂泰二郎(乳腺外科・化学療法/医療社会法人石川記念会 HITO病院)

原語動画URL:https://youtu.be/FxX4F5VByDw​
(2020/08/20制作)
日本語版公開: 2020/04/06

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る