子どもががんと診断されたら/米国国立がん研究所(NCI)

投稿日:2021年4月9日

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。

自分の子どもががんと診断されたら?小児がん専門病院の見つけ方、セカンドオピニオンについてご紹介します。小児がんの専門家と保護者の皆さんが、子どもががんと診断されたらどうしたらいいのか、考え方やアドバイスについても話してくれます。

ご家族のサポートについては、https://www.cancer.gov/parents-support​ をご覧ください。診断について詳しくは、米国国立がん研究所発行「小児がんの子どもたち:保護者向けガイド(https://www.cancer.gov/parents-guide​ )」の”Diagnosis”のセクションをご覧ください。

この動画の音声解説版は、https://youtu.be/0YneHnWasEs​ でご視聴いただけます。

出演者(出演順):
– Kim & John―― Jadenの両親
– Jennifer & Adam―― Adrianの両親
– Melissa―― Mackenzieの母親
– Beth Siever, RN, MSN, CPNP, CPON―― Children’s National Hospital小児がん診療科ナースプラクティショナー
– Nita L. Seibal医師―― 米国国立がん研究所小児血液・がん専門医

翻訳:霜出佳奈・山本哲靖
字幕指導:寺田真由美
監修:佐々木裕哉(白血病/MDアンダーソンがんセンター)

原語動画URL: https://youtu.be/vrlyRdierRo​
(2020/08/26制作)
日本語版公開: 2021/04/08

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る