【多発性骨髄腫⑦-2】薬剤について~新規薬剤を用いた治療~柴山 浩彦

投稿日:2021年5月17日

動画で学ぶ もっと知ってほしい多発性骨髄腫のこと [2021年改訂]

7.薬剤について~新規薬剤を用いた治療
柴山 浩彦 先生 大阪医療センター 血液内科

動画は4つのセンテンスに分けて解説しています。

1.プロテアソーム阻害薬と免疫調節薬(特にレブラミド)を組み合わせた治療
2.ダラザレックスを含んだ治療
3.レブラミドやベルケイドに抵抗性をしめす骨髄腫の患者さんに対するポマリストを併用した治療
4.単剤(+デキサメサゾン)で用いる薬剤

登壇者の詳細はCNJのホームページをご参照ください

■ 動画で学ぶ もっと知ってほしい多発性骨髄腫のこと
https://www.cancernet.jp/hematologiccancer/myeloma/

■ NPO法人キャンサーネットジャパン
https://www.cancernet.jp/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る