【Japan Cancer Forum 2021】前立腺がん

投稿日:2021年9月7日

【バイエル薬品株式会社共催】
前立腺がん〜前立腺がん治療中のQOLを保つために〜
患者さんと医師のコミュニケーションの重要性と前立腺がん骨転移について

演者:西村 和郎(大阪国際がんセンター 副院長・泌尿器科主任部長)

概要:前立腺がんは5年相対生存率が97.5%と高い一方で治療が長く続くため、生活の質(QOL)を保つことが大切です。また前立腺がんは骨への転移の頻度が高いことが知られており、骨転移の早期の発見と治療開始が大切です。本セッションでは、前立腺がん患者さんのQOLを保ちながら治療を続けるために知ってほしい骨転移と医師とのコミュニケーションについてお話しします。

開催日:2021年8月21日(土)~22日(日)
場所:オンライン開催
主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
後援:厚生労働省、東京都

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る