がん研究とデータ科学の調和/米国国立がん研究所(NCI)

投稿日:2021年9月28日

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。

がん研究の発展を考えるとき、科学的な発見のためには「調和」が必要不可欠であることは、あまり知られていません。 NCI Cancer Research Data Commons (CRDC)という単一のクラウドベースのインフラを用いることで、がん研究者はダウンロードの手間なしに、さまざまなデータへのアクセス、分析、共有、保存を行うことができます。研究者は、がんの予防、治療、診断における新たな発見につながる大規模なデータの学際的な分析をCRDCで行えます。

https://datacommons.cancer.gov
https://datascience.cancer.gov

翻訳:白神ルミ子
字幕指導:寺田真由美
監修:石井一夫(計算機統計学/公立諏訪東京理科大学工学部情報応用工学科)

原語動画URL: https://youtu.be/tk1nEX2gnqk
(2020/08/17制作)
日本語版公開: 2021/9/26

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る