【血液がんフォーラム2021】多発性骨髄腫 初発時の治療

投稿日:2021年12月10日

講演:多発性骨髄腫 初発時の治療~多発性骨髄腫の連続的な治療戦略~

演者:鈴木 一史(東京慈恵会医科大学附属柏病院)
司会:松浦 典子(はまっこ(多発性骨髄腫患者・家族の交流会))

【概要】
多発性骨髄腫は治癒が期待できない「血液のがん」ですが、多くの新薬により、外来通院での治療が可能になりました。効果的な初期治療は、早期に骨痛、貧血、腎障害などの症状緩和につながるだけでなく、長期生存にも最も寄与する重要な治療です。講演では初期治療を中心に長期的な治療戦略について説明します。

開催日:2021年11月20日(土)~21日(日)
場所:オンライン開催
主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
共催:一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン(悪性リンパ腫患者会)
   はまっこ(多発性骨髄腫患者・家族の交流会)
   JCCG(日本小児がん研究グループ)

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る