第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 市民公開講座

第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 市民公開講座

がん薬物療法のP(Physical:体)、M(Menta:心)、S(Social:社会)を考える

がんに対する薬物療法の進歩に伴い、多くのがんで治療成績の改善が見られています。しかしながら、新たな問題や課題も浮き彫りとなってきました。

 この市民公開講座では、がん薬物療法に伴う、体(がんに対する治療)、心(がん治療に伴う心のケア)、社会(高額化するがん治療費)をテーマに、それぞれの領域における最先端の話題について 市民・医療者一体となって考えます。

==============================
総合司会 久保田 智子(TBS アナウンサー)

13:30-13:35 <開会挨拶>
~日本のがん医療の向上:世界の最先端を目指して~
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 会長
国立がん研究センター東病院 臨床開発センター長 大津 敦

13:35-14:35 <基調講演 1>
がん薬物療法の近年の進歩:知っていますか分子標的薬?
<乳がん> 国立がん研究センター東病院 化学療法科 向井 博文
<肺がん> 千葉大学大学院医学研究院 先端化学療法学 滝口 裕一
<大腸がん> 国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之

14:40-15:00 <基調講演 2>
がん患者に対する心のケア:サイコオンコロジーを知っていますか?
名古屋市立大学大学院 精神・認知・行動医学 准教授 明智 龍男

15:00-15:20 <基調講演 3>
知っていますか? がん患者が直面する体・心・社会の問題
NPO 法人HOPE プロジェクト理事長 桜井 なおみ

15:30-16:20 日本のがん医療の今後:私たちにできることは?
司会:小嶋 修一(TBS 報道局)・久保田 智子(TBS アナウンサー)

パネリスト:
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 会長 大津 敦
国立がん研究センター東病院 化学療法科 向井 博文
千葉大学大学院医学研究院 先端化学療法学 滝口 裕一
国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之
名古屋市立大学大学院 精神・認知・行動医学 明智 龍男
NPO法人 HOPEプロジェクト 桜井 なおみ

16:20-16:30<閉会挨拶>
~これからの日本臨床腫瘍学会の取組み~
福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学 田村 和夫
==============================

開催地域 神奈川
日程 7月24日(日)
開催時間 13:30〜16:30(開場12:30)
参加費 無料
申込み方法 事前申込不要
詳細URL http://www2.convention.co.jp/9jsmo/lecture/index.html" target="_blank">http://www2.convention.co.jp/9jsmo/lecture/index.html
主催 日本臨床腫瘍学会/第9回日本臨床腫瘍学会学術集会
場所 パシフィコ横浜(会議センター1階 メインホール)
キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る