癌ゲノム アトラス(TCGA) – 腫瘍標本の役割

投稿日:2011年9月1日

このビデオはキャンサー・ゲノム・アトラス(TCGA)プロジェクトのシリーズの一つで、発癌につながる重要な遺伝子変異を同定する方法を説明しています。TCGAの研究者、Marsten Linehan医師、Neil Hayes医師、そしてJulie Gastier-Foster博士が癌研究およびTCGAにおける組織標本の役割について説明します。

また標本の品質や確実な研究成果を得るため、品質管理の重要性やTCGAが行う厳密な品質管理についても述べています。TCGAは米国国立癌研究所および米国国立ヒトゲノム研究所からの助成金の支援を受けた包括的・組織的な試みで、革新的な分析技術を用いて、私たちの癌の遺伝学への理解を­深めてくれます。

組織表本の役割についてさらに知りたい方は以下のURLまでどうぞ。 http://cancergenome.nih.gov/newsevents/multimedi­alibrary/videos/tumorsamples

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る