東日本大震災後の”日本人の心”そして”心のケア”を考える

「東日本複合大災害後の“日本人の心”そして“ケア”を考える」

本年3月11日の東日本大震災は2万人を超える死者・行方不明者をもたらし、さらに福島第一原発事故は被災者に放射能被爆という未だ先の見えない不安・恐怖を与えています。日本人は戦後に匹敵する国難に直面しているといえます。大震災・原発事故後の今、我々には日本人として何を考え、何を求めていくべきかを考え、それに向かって実際に行動していくことが求められています。

そこで本特別講演・シンポジウムでは、日本の医療界の精神的支柱であられ、100歳を迎えられた日野原重明先生(聖路加国際病院理事長)に特別講演、丹羽真一先生(福島県立医科大学神経精神医学講座教授)に教育講演をお願いしました。100歳を迎えられた先生は「複合大災害後の日本人の心」というテーマでお話ししてくださいます。WHOにおいても健康の定義として、“身体的、精神的、社会的”に加えてスピリチュアリティー(価値観、信念、生きがい等)の重要性が指摘されています。スピリチュアリティーを“こころ”の原点として考えることは我々に生きていく新たな勇気と夢を与えてくれるものと思います。

心のキュア・ケアをコーディネイトされておられる丹羽先生には「被災者の心のキュア・ケアの実態」についてお話していただきます。更に大災害発生後、被害者の心のケア支援活動をなされている方々には、シンポジウム「複合大災害の心のケアを考える」において、各々のご経験に基づく現状と問題点にについて話し合いたいと思います。そして、今心の問題で苦しまれておられる被災者の方々の心のケアの今後のあり方を考えたいと思います。

==============================
【プログラム】

12:30 開場

13:00 開会の挨拶

13:05 来賓挨拶

13:10 基調講演 「心のキュア・ケアの現状」
    丹羽 真一(福島県立医科大学神経精神医学 教授)
    座長:武見 敬三(東海大学 政治経済学部政治学科 教授)

14:00 特別講演 「日本人の心」
    日野原 重明(聖路加国際病院 理事長)
    座長:笠貫 宏(日本医療学会 代表理事)

15:00 休憩

15:20 シンポジウム 「心のケア」
    座長:井部 俊子(聖路加看護大学 学長)
       中林 正雄(総合母子保健センター 愛育病院 院長)
    演者:愛沢 俊行(相馬市社会福祉相馬地域包括支援センター)
    山崎 亜子(子どもの心と身体の成長支援ネットワーク)
    伊藤 正樹(公立相馬総合病院小児科)
    増子 博文(福島県立医科大学神経精神医学講座講師)
    中谷 三保子(帝京平成大学健康メディカル学部 学部長)
    山田 雅子(聖路加看護大学 看護実践開発研究センター長)
    大橋 靖雄(「プロジェクト きぼうときずな」代表/東京大学医学系研究科公共健康医学専攻 生物統計学 教授)

16:55 閉会の挨拶

17:00 閉会

開催地域 東京
日程 12月11日(日)
開催時間 13:00 - 17:00
参加費 無料
その他・追記・注意事項 お問い合わせ: 一般社団法人 日本医療学会 〒151-0053 渋谷区代々木2-5-4 TEL:03-6276-6623 Fax:03-6276-6624 MAIL: contact@jhcs.jp
詳細URL http://www.jhcs.jp/civil_symposium/index/id/12
主催 日本医療学会
早稲田大学 東日本大震災復興研究拠点・先端環境医工科学研究所
早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構(ASMeW)
日本循環器心身医学会
子どもの心と身体の成長支援ネットワーク
NPO法人日本臨床研究支援ユニット プロジェクト「きぼうときずな」
場所 大隈記念講堂 大講堂
キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る