前立腺癌術後の合併症とその対策:尿失禁治療の最前線 増田 均

2019.3.4

前立腺がんの最新情報27
「前立腺癌術後の合併症とその対策:尿失禁治療の最前線」
演者:
国立がん研究センター東病院 泌尿器・後腹膜腫瘍科 科長
増田 均先生

前立腺全摘除術は、極めて有効な根治治療ですが、3%程度の患者さんで、中等症以上の尿失禁が残存するのが現状です。この現状を改善するために、人工尿道括約筋、尿道スリング手術、括約筋に対する脂肪幹細胞注入術など様々な治療が始まっています。尿失禁治療の現状、将来展望について、詳しく概説したいと思います。

公益財団法人前立腺研究財団
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-12
河西ビル6F
電話 03-3340-3885
ファックス 03-3340-3886
電子メール zzkz@basil.ocn.ne.jp
URL http://www.jfpr.or.jp/

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る